お問い合わせの前にお読みください
menu
2018/06/18

非常電源装置のバッテリーを交換しました

非常電源装置と水圧開放装置は
火災が発生した際に、消防ポンプの水圧で
非常電源を起動させ電動シャッターを
一定の高さまで解放する装置です。

非常電源装置内には蓄電池があり
電池の寿命は4年となっております。




電池が寿命となると
本体に電圧異常のランプがつきます。

ちょうど左から2番目のランプがそれです。




ちなみに交換する蓄電池は
こちらです。




こちらの蓄電池4つを交換します。




古い蓄電池を取り外します。




こちらが新しい蓄電池です。




新しい蓄電池を取り付けました。

非常電源装置の蓄電池を替えないと
どうなるのでしょうか。

正直に申し上げますと
今お使いの電動シャッターの動作には
なんら影響はありません。

ただし、何かあったときに消防が外から水圧かけても
シャッターが上がらなくなってしまいますので
消防隊員はシャッターを破壊して建物内に入ることを余儀なくされます。

また、非常電源装置は消防法に基づいて設置されていますので
お客様の管理責任が問われてしまう可能性があります。

バッテリーは高いのでお客様が二の足を踏む
気持ちもわからなくもないですが
法律ですのでバッテリーが寿命を迎えたら
なるべく早い交換をお勧めします。

このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社