お問い合わせの前にお読みください
menu
2018/10/04

シャッターが風で外れてしまった2

風でずれたスラット(内観)

重量(電動)シャッターが台風の強風によりスラットが片側にずれて、もう片方がレールから大きく外れてしまいました。
もし外れて風であおられたスラットが人にでも当たってしまったら大変危険です。
今回の台風で埼玉では観測史上最大の最高瞬間風速が観測されていました。




風でずれたスラット(外観)

シャッター外観です。




風でずれたスラット(外観)2

かなり上のほうまで外れてしまっています。




レールを切断してスラットを納めます

スラットが外れてしまったほうのレールにカッターで切り込みを入れます。




レールに収めた後に溶接でつなぎます

スラットをレールに収めたら先ほど入れた切り込みを溶接で塞ぎます。




完了後(下のほう)

作業完了後です。




完了後(上のほう)

レールの中にしっかりと納まっています。




完了後(全体)

これでとりあえず使える(戸締りができる)ようにしましたが、台風の強風の影響でスラットがかなり左右にずれていましたので、スラット左右ずれ修整のお見積りをお出ししました。
通常でしたら、お客様からご了承いただければその場でやってしまうのですが、今回は緊急修理が立て込んでいたためお見積りとさせていただきました。




重量シャッターが風で外れるということは滅多にない(ほとんどない)ことです。
今回の台風はよほどに風が強かったのでしょうね。

シャッターが強風被害を受けた場合、火災保険が使える場合があります。
加入中の火災保険の内容をご確認ください。
保険を使った修理も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社