お問い合わせの前にお読みください
menu
2018/07/06

連動中継器のバッテリー交換

防火シャッターには連動中継器とよばれる装置が
モーター付近についており、
これにはバッテリーがつかわれていて
寿命は各社4~5年となっております。




交換中




交換後




連動中継器とは危害防止装置の一部の名前です。

普段はコンセント等から電気をえていますが
火災等により停電が起こった場合
連動中継器は普段からバッテリーにためて
おいた電気を使って作動します。

つまり、バッテリーをきちんと交換しておかないと
非常時に危害防止装置が働かないのです。
非常時シャッターの下に人がいても止まることなく
下降してしまいます。
危害防止装置がついている意味がなくなってしまいます。

連動中継器は一般の方が簡単に目視できるような場所には
ついていませんので
バッテリーの寿命がわかりやすいように
手動閉鎖装置に次回電池交換時期のラベルが貼ってあります。
また、交換時期を過ぎても交換しなかったりすれば
手動閉鎖装置のランプが点滅または点灯します。
(大体各社共通です)




三和シャッターの場合

異常表示ランプが
点灯または点滅します。




文化シャッターの場合

非常用シャッター閉鎖ボタンが
点滅します。




「非常時」がいつ訪れるかはわかりません。

バッテリーが寿命になりましたら
お早めのバッテリー交換をおすすめします。

このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社