お問い合わせの前にお読みください
menu
2018/08/03

オーバードアのスプリングが切れて動かなくなってしまった2

貸倉庫の管理会社様から
オーバードアが動かなくなってしまった。
と、ご連絡を受け向かってみると
パネルを持ち上げるスプリング(バネ)が
切れてしまっていました。




こちらはW6000H4000もある
大きな間口でハイリフトのため間口よりも
かなり上にスプリング(バネ)があります。




高所作業車をつかってバネまで近づき作業します。

大きな間口なのでバネが4本ついています。
写真はバネの継手部分です。




こちらはバネの写真なのですが
赤丸のところでバネが切れてしまっています。




まずは古いバネを取り外しにかかります。




外したバネです。




バネを外した状態の写真です。




ワイヤーとワイヤドラムを交換します。




交換後です。




新しいバネを取り付けます。




取り付け後です。




高所作業車を降りて
下のほうの交換作業を行います。




長年のご使用ですり減ってしまったローラーと
ローラーブラケットをすべて交換します。




交換後です。




取り外した部材です。




右下の垂直レールが広がってしまい
ローラーが外れてしまう原因となっていました。
こちらを板金修整します。

大きな間口用の頑丈なレールですので
チェーンブロックと
高所作業車を使って引っ張り
正しい位置に戻します。




L字金物を溶接でレールに固定して




金物と土間をアンカーで固定しました。




バネがいつ切れるのかを予測することは難しいです。

しかし毎日開け閉めする間口が
急に開け閉めできなくなってしまったら
困ってしまいますよね。

各メーカーからは
設置後10年 もしくは
一万開閉を超えたら が
バネの交換時期の指標として出ています。

今回の間口はカウンターがついていなかったため
開閉回数を知ることができませんでしたが

毎日何度も開け閉めするような重要な間口であれば
上記指標を参考に、バネが切れる前に
バネ交換を行うことをおすすめします。

カウンターの後付けを行うことも可能ですので
お気軽にお問い合わせください。

このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社