お問い合わせの前にお読みください
menu
2018/10/30

防火シャッターが動かない

施工前

防火シャッターというと、普段は開いていて火災報知器が作動した時のみ自動で降りてくるというイメージをお持ちではないでしょうか。
しかし実際には日常的に押しボタンで開け閉めして普通の重量シャッターと同じように使われている防火シャッターも多くあります。
当社へのお問い合わせ件数的には半々ぐらいの割合でしょうか。
(生産数的には圧倒的に普段開けっ放しの火災報知器連動のほうが多いです)
今回ご連絡を受けたお客様も防火シャッターを日常的に開け閉めして使っておられました。
その防火シャッターが動かないとご連絡を受けて原因調査を行ったところ、制御盤と障害物検知装置が故障していたためだと判明しました。




こちらが新規部材です。




交換前の障害物検知装置の受信機です。




既存の障害物検知装置の送信機を取り外したところです。




交換後の障害物検知装置の受信機と送信機です。
(ピンボケ写真で申し訳ありません)




既存の制御盤を取り外したところです。




取りはずした部材です。




交換工事完了後です。

塗装工場のため塗装の細かい粉がシャッターボックスの中までかなり積もっていました。
この粉が故障の原因になっている可能性もあるため、簡易的ではありますが粉を被らないように袋をかぶせて対策しました。

このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社