お問い合わせの前にお読みください
menu
2019/03/08

電動シャッターキーキー音の修理3

施工前2
施工前1

重量シャッターのスラットがずれたまま使い続けたためブラケットが擦り切れる寸前にまで薄くなっていました。
ブラケットはシャッターは両端にあり本体の重さを支えている大変重量な部品です。
ブラケットが擦り切れてしまえばシャッター自体が落下する可能性があります。
詳しくはこちらの記事を参照ください。




施工中

シャッターケースの左右を開けて中のスラットのずれを直します。
ブラケットがかなり薄くなり非常に危険な状態でしたので、シャッターを一番上まで巻き上げた状態で使用禁止とさせていただきました。




内付けで天井納まりなのに点検口もなくメンテナンス性も悪かったため、後日新たに屋外側に鉄骨を建てて外付けで重量シャッターを取り付けることとなりました。
そちらの工事の施工例はこちら




このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社