お問い合わせの前にお読みください
menu
2018/11/02

シャッターが風で外れてしまった4

施工前

ステンレスレールのW3000H3000の手動シャッター。
台風の強風によりスラットがレールから外れてしまいました。
今回の台風被害にあったシャッターのなかでは、唯一中柱が入ってないのに台風被害にあった手動シャッターでした。
片側だけ外れていて外側ではなく内側に外れています。
これはおそらく風圧に負けてしまったのでしょう。

保険で直すのですべて新しいものに変えてほしいとのご希望でしたので、交換工事を行います。

新規部材

新しい部材です。




施工中1

まず既存シャッターを取り外します。




施工中2

ブラケットとケース下地、まぐさを取り付けていきます。




施工中3

バネとスラットを吊りこみます。




施工中4

ステンレスレールを取り付けます。




施工後

工事完了です。




取りはずした部材

取りはずした部材です。




火災保険の加入状態によりましては、修理金額が20万以下は保険がおりない等の条件が付いている場合があります。
今回のお客様ももしかしたらそうだったのかもしれません。
シャッター業者を呼ぶ前に、保険会社に「○○(シャッターのついている場所)のシャッターが風で飛ばされたので直したい」と相談していただければ、
・そもそも保険対象なのか
・どんな金額ならおりるのか(免責金額があるのか)
等が事前に分かり便利です。

このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社