お問い合わせの前にお読みください
menu
2017/12/18

手動シャッターを外して電動グリルシャッター取付

電動グリル取付

お店の出入り口についていた1所2連の手動シャッターが老朽化したため
取り外して電動のグリルシャッターを取付します。
グリルシャッターとはシャッターを降ろすときにガラガラっと降りてくるところをスラットといいますが
あのスラットの部分がパイプになっていてシャッターを下ろしても向こう側が見えるシャッターのことです。
よく店舗や病院の受付に設置されていますね。

まずは中柱と左右のレールを外します。その後正面ケースを外してからスラット・バネも外していきます。
次にブラケットを外しに取りかかります。
既存の手動シャッターすべてを外し終わりました。
ブラケット下地を付けて、ブラケットを取付していきます。
ブラケット取付後、シャフトをのせてモーターを取り付けます。
こちらがグリルです。パイプでできているのがよく見えますね。
シャフトに吊りこんでいきます。
グリルシャッターなのに普通のシャッターと同じスラットが見えますね。
これはシャッターを下ろして見えるところはグリルになっていますが、一番下まで下ろしても見えないスラットの上の部分(私たちは「捨て巻き」と呼んでいます)は普通のスラットになっているためです。
吊元とシャフトを固定した後、一番上まで巻き上げます。
ケース下地を取付します。
ケースを貼ったら、ほぼほぼ完了です。
まだ仮設電源で動かしているため、点検口から線が伸びていますが、こちらが完成の写真です。
グリルを全部下したときの写真です。工事員が電気まで全部終わった後の写真を取り忘れてしまったため、こちらの写真で失礼します。
このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社