お問い合わせの前にお読みください
menu
2018/08/10

シャッターを新しくして間口を小さくしました

シャッターを新しくして間口を小さくしました

工場によく見られる重量シャッター。
老朽化したため新しいものに交換する必要があったものの
コストを抑えたいとのご要望でした。

現在と同じ大きさの間口が必要というわけではなく
もっと小さくしても構わないとのことでしたので

新しく取り付けるシャッターを軽量電動シャッターとし
開いてしまった壁を透明の波板で塞ぎ、
明かりとりにすることとなりました。




こちらの重量シャッターはなんと
シャッター右下に扉がついているのです。




扉部分のアップ写真です。
ドアの側面にレールがついているのが
お分かりいただけますでしょうか。




どういうことかというと
ドアの分くり抜かれたスラットが
降りてくるのです。

昔発売されていた種類の重量シャッターで
現在は安全性の問題で販売中止となっています。

シャッター屋でもあまりお見かけない珍しい製品でした。




本ケースと本ケース上のひさし
電装部品等を撤去します。




残りのスラット等も撤去します。




シャッターを新しくして間口を小さくしました

新しくシャッターがつく位置に鉄骨下地を入れて
軽量電動シャッターを付けていきます。




シャッターを新しくして間口を小さくしました

シャッター上部のスペースを
透明の波板で塞いでいきます。




シャッターを新しくして間口を小さくしました
完成です。




このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社