お問い合わせの前にお読みください
menu
2018/08/06

古いシートシャッターを新しいシートシャッターに交換しました3

こちらの間口は内側に
軽量電動シャッターがついていたところの上に
さらにシートシャッターを取付していたため
軽量電動シャッターに何か不具合等が起こっても
修理不可の状態でした。

シートシャッターをつけた業者が
スチールシャッターの知識がなかったために
このようなことになってしまったのでしょうか。

老朽化したシートシャッターを取り外し
今後のメンテナンスのことも考え
外側に新たにシートシャッターを取り付けしました。




交換前のシートシャッター内観です。
シートシャッターの巻き取りボックスが見えますが
この下に軽量電動シャッターのボックスがあります。




外観右側のガードポールを撤去します。
左右の基礎が出っ張っていますので
レールを取り付ける際に邪魔になってしまいます。
こちらを両方斫っていきます。

※斫る(はつる)…
コンクリートで作られた壁や土間などの構造物を
壊したり、形を整えるために表面を削ったりすること。




カッターで切り込みを入れます。




ピックで斫ります。




縦の鉄骨下地を溶接にて固定します。




右側も縦に鉄骨下地をいれます。




縦下地にアングル(L字金物)を取り付け、
横にも同様に鉄骨下地を入れます。




三方枠と接する面を溶接し、
外壁と接する面はボルトで固定します。




鉄骨下地にレールを取り付けます。




右側も同様に行います。




巻き取りボックスをのせます。




のせました。




コントローラーを取り付けます。




隙間が空いてしまった部分を金物でふさぎます。




一次側電源です。
今回は一次側電源工事も当社にて行いました。
こちらの位置にはもともと旧シートシャッターの
コントローラーがありましたが
新シートシャッターのコントローラーはこちらではなく
すぐ横の面に取り付けることになりました。




お客様のご要望の場所に
コントローラーを取付します。




下地と建物の間をコーキングします。




取付完了です。




コントローラーです。




一次側電源からコントローラーまでです。
一次側電源はシートシャッターの他に
フォークリフトの充電器が下にあるので
そちらにも電源が行くように分岐させました。




交換工事後の内観です。
今までシートシャッターで見えなかった
軽量電動シャッターが見えるようになりました。
これでシートシャッターも軽量電動シャッターも
メンテナンス可能です。

その製品を修理する業者でないと
わからないことがあります。
当社でしたら後のメンテナンスのことも
踏まえたうえでアドバイスが可能です。

お見積りは無料ですので
お気軽にお問い合わせください。




このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社