お問い合わせの前にお読みください
menu
2018/10/31

既存の屋内スペースを利用して前室を作りました

施工前

もともと電動シャッターとシートシャッターがついていた間口。

シャッターがどちらも老朽化していて交換しようとご検討中でしたところ、この既存室内スペースを利用して生産ライン内に虫やほこりが入らないように前室のようにできないかとご相談いただきました。
お客様とご相談した結果、新たに屋外側にエアカーテンを取り付け、シートシャッターが開いているときにエアカーテンで風を送り虫が入らないようにすることとなりました。
また前室内にフォークリフトが入らないようにしてほしいとご要望でしたので、土間に段差を付けフォークリフトが物理的に侵入できないようにしました。
段差を付けることでほこりも入りづらくなる効果も期待できます。




配筋しつつ砕石を敷く1

まずは先に土間の工事から行います。
配筋しつつ砕石を敷いていきます。




配筋しつつ砕石を敷く2




砕石を固める1

ある程度砕石を敷いたら、今度は機械でしっかり押し固めていきます。




砕石を固める2




ワイヤーメッシュを設置する1

ワイヤーメッシュを設置します。




ワイヤーメッシュを設置する2




コンクリートを流し込む1

コンクリートを流し込んでいきます。




コンクリートを流し込む2




土間工事完了

平らにしたのち乾かしたら土間のコンクリートは完成です。
シャッター屋なのにシャッターの写真を撮り忘れてしまい、シャッター工事完了後の写真となっております。
申し訳ありません。

外側の電動シャッターの下にエアカーテンを付けました。
高さが下がるとフォークリフトでぶつけないか心配とのことでしたので、シャッターの高さを少し上げました。




エアカーテンの制御盤設置

シートシャッターとエアカーテンを連動させるためにエアカーテンの制御盤をつけました。




フロアリューム施工5

コンクリートにフロアリュームを貼り付けていきます。




フロアリューム施工1

糊を塗ります。




フロアリューム施工2

フロアリュームを貼り付けていきます。




フロアリューム施工3




フロアリューム施工4

全体が張り終わりました。




アイロンで接着

工業用アイロンで張り合わせ部分を接着してきます。




凹凸を削る

凹凸部分をカッターで削っていきます。




フロアリューム完成

フロアリューム施工後です。
これで土間工事は完了となります。




施工後1

シートシャッターを降ろした状態です。
シートは虫対策に有効なオプトロンシートを採用しました。




施工後2

電動シャッターを下ろした状態です。




このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社