お問い合わせの前にお読みください
menu
2018/11/30

古いシートシャッターを新しいシートシャッターに交換しました5

施工前1

メーカー不明W8000H4100の既存シートシャッターを取り外し、新しいシートシャッターを取り付けました。




施工前2

まだシートシャッターというものが出てきて間もない頃は、様々なメーカーがシートシャッターを製造していたようですが、今は大手3社でシェアのほとんどを占めています。こちらの製品もそんな頃に取り付けられたのでしょう。




施工前3
施工前4

左右に光電管センサーがついています。




巻き取りボックスの少し上にチェーンブロックをかけられる下地を左右に作り、フォークリフトで支えながらボックスをチェーンブロックで吊ります。




あまりにも重かったので先にモーターを外します。




チェーンブロックで真下に降ろすために、先に巻き取りボックスを支えているレールを外しにかかります。




レール取り外し中




左右をチェーンブロックで吊りながらゆっくりと巻き取りボックスを降ろします。




既存シートシャッター取り外し後です。




新しい部材です。
今回はWが大きいため巻き取りボックスが3分割となっています。




シャフトとモーターです。
モーターも通常は1つで片側にのみついていますが、今回は2つ、両端についています。




レール下地を取り付けていきます。




分割になっているレールをつなげていきます。




レール下地が取り付け終わりました。




3分割になっていた巻き取りボックスを組み立てます。




巻き取りボックスをチェーンブロックで吊り上げた状態でケースを張ります。




吊り上げ中




制御盤を取り付け中




制御盤取付完了後。
モーターが2つあるため制御盤も二つありますが、通常は下の制御盤で操作します。
門番はモーターが右側固定なのですが、下の制御盤で右側のモーターとセンサー等を制御しています。
上の制御盤は左側のモーターを制御しているのですが、普段は操作することはありません。




新しいシートシャッター取付後です。
今回取り付けたシートシャッターは小松電機産業製門番のRF50です。
仕様はクリアシート3段目窓付き。
屋外側にB型センサーを2つ、防雨型押しボタンを1つ
屋内側も同様となっております。




うちも古いシートシャッターついてるんだけど新しくしたいなぁというお客様。
お見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社