お問い合わせの前にお読みください
menu
2018/11/30

下地を立てて手動シャッターと軽量電動シャッターを取付

施工前

何もついていなかった間口に鉄骨下地を組んで外観左に1所3連の手動シャッター、右側に軽量電動シャッター(バネとモーターで開閉するタイプ)を取付しました。




モルタルの塗られたH鋼

こちらのH鋼には周りにモルタルが塗られておりました。そのままでは溶接ができないので工具で周りのモルタルをきれいに剥がす作業から行いました。




手動下地・ブラケット取付

モルタルを剥がした後にH鋼に鉄骨を溶接して下地を組みます。ここからは手動シャッターの取り付け作業にかかります。まずはブラケットを取り付けます。




手動ブラケット取付中

ブラケット取付中




手動スラット吊りこみ

写真撮るのを忘れてしまったので工程が飛びましすが、ケース下地・まぐさ取付→バネ取付→スラットの吊りこみまで来ました。




手動施工後1

ケースを張ったらひとまず手動シャッターは完成です。




手動施工後2

手動シャッター施工後




軽電下地・ブラケット取付

次に外観右側に軽量電動シャッターを取付していきます。手動シャッターと同様にH鋼のモルタルを剥がして鉄骨下地を建てた後ブラケットを取り付けます。今回取付する軽量電動シャッターはモーターとシャフトで開閉するタイプのため外観は手動シャッターとほぼ変わらない感じになります。




シャフト取付中

モーター・バネ付きシャフトを取り付けます。




配線引き出し中

シャフト内から出ている電気の線をリモコン装置等に配線していきます。今回はこちらを作業場に改修するにあたって電気屋さんが既に入っていましたのでそちらの電気屋さんにシャッター近くにコンセントを付けてもらいましたので一次側電源工事は行っておりません。




施工後

スラットを吊りこみケースを張ったら軽量電動シャッターも完成です。これですべての工事が終了しました。




新築ではなく既存の建物に後付けする場合、結構な確率で付帯工事が必要になります。
下地工事、一次側電源工事、コーキング工事、隙間塞ぎ工事…どの作業もやる業者が違います。
当社でしたらシャッターを付けるためにかかる付帯工事は自社施工可能です。
付帯工事が必要な工事の場合、現場調査を行わないとシャッター工事と付帯工事を合わせた全体の金額が出せませんので、予めご了承くださいませ。

このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社