お問い合わせの前にお読みください
menu
2018/05/10

防犯のため重量シャッターとドアをつけました

防犯のため重量シャッターとドアをつけました

工場構内にある機材整備場、高さ4.4M,幅9Mも
ある大きな開口がある作業場です。
工場内とはいえ、高価な道具がたくさんあるので、
防犯のため、重量電動シャッターとスチールドアを
取り付けることになりました。




まずはシャッターとドアを取付ける為の
鉄骨下地を組みます。
大きな開口で重量シャターの重みと風圧に耐えるように、
縦の柱には□200×200、厚み6㍉のコラムを使用しました。





横は建物の柱を利用し、足りない部分は
□100×100 の鉄骨を入れました。




ブラケットとシャフトをつけたところで、
スラットをチェーンブロックで吊り込みます。




下部のスラットは吊元とシャフトを固定後、
横から差し込みます。
ちょうど少しずれているところが
後から差し込んだ部分です。




モーターを取り付けます。
左側の約1mのスペースに人が通るスチールドアを取付、
上部はスチール板で塞ぎます。




まだ電気配線をつないでないので
モーターを手動に切り替えて巻き上げていきます。




全部巻き上げたら本ケースを取り付けて
電気配線・押しボタンの取付等を行い
本体工事はは完成です。
サイドにスチールドアを取付けた事で、
風の強い日などシャッターを開閉しなくても
人の出入りができます。




ここからは塗装に入ります。
重量シャッターは亜鉛メッキ加工がされているため、
そのまま塗装をするとある程度の年数が経つと、
パリパリと塗装が剥がれてしまいます。
そうならないように、圧着性をよくする塗料を
下塗りします。




内部側も同様に下塗りします。







お客様のご希望がグレーでしたので、
全体をグレーに塗装して完成です。

このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社