お問い合わせの前にお読みください
menu
2018/04/04

古い手動シャッターを残したまま新しい手動シャッターを取付

外さず手動取付

シャッターの納まりによっては、
取り外しが困難な場合や、
できても付帯工事が多くなってしまい
金額が高くなってしまう場合があります。

例えば
シャッターの左右にあるレールが
建物に埋め込んである場合
シャッターボックスが天井内にある場合
等があげられます。

仮に取り外しが可能な場合であっても
新しいシャッターのシャッターボックス
のほうが今までのものよりも大きく、
既存シャッターボックスの周りに
配管・鉄骨等があり
今までと同じ場所に新しいものを取り付ける
のが難しい場合もあります。

今回は既存シャッターを取り外すと金額が
高くなってしまうため
内付けの既存シャッターを上まで巻き上げた
状態で使用不可にし、
外側に新しい手動シャッターを取り付けました。




外さず手動取付
ブラケット・まぐさ等を取り付けていきます。




シャフト・バネを取り付けたのち、スラットを吊りこんでいきます。




外さず手動取付
残りのスラットも横から刺していきます。




外さず手動取付
左右のレールを取り付けます。




外さず手動取付
シャッターボックスのケースを貼っていきます。




外さず手動取付
完成です。




天井内や建物内にいれてしまうとシャッター自体が見えないので
スッキリとした印象になりますよね。

半面、後から修理やメンテナンスが難しいという点もあります。

「うちのシャッター最近調子が悪いんだけど、そういえばレールが埋め込んであったかも…」というお客様。
当社ではできる限り費用を抑えた方法を提案させて頂きます。
お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社