お問い合わせの前にお読みください
menu
2019/03/20

重量シャッターのメンテナンス

メンテナンス前

三和シャッター製重量シャッター2台のメンテナンスを行います。
メンテナンスではスラット左右ずれ修整他その場でできる調整・注油作業を行いながら、シャッターに悪いところがないか点検をします。
車でいうところの車検、人間でいうところの健康診断といったところでしょうか。




1台目注油中

1台目注油中




1台目ずれ修整前

1台目のずれ修整前です。
スラットの端がレールの底に当たり開閉時にスラットとレールが擦れている状態です。




正常なスラット

レールとスラットの間に両側とも均等な隙間があいているのが正常な状態です。




左右にずれたスラット

シャッターを使い続けるうちに左右にスラットがずれてレールなどに接触してしまいます。これが今の状態ですね。




1台目ずれ修整後

ずれ修整後です。
分かりずらいのですがレールの底とスラットの端の間に、隙間が生まれているのがわかりますでしょうか。




2台目注油中

2台目の注油中です。




2台目ずれ修整前

2台目のずれ修整前です。スラットがずれてブラケットに当たっています。




2台目ずれ修整後

ずれ修整後です。
スラットとブラケットの間に隙間が生まれスラットの端がきれいに揃っています。




重量シャッターは定期メンテナンス必須のシャッターです。
大きなシャッターがほとんどですので、メンテナンスをしないで使い続けると大きな事故につながりかねません。
一日の開閉回数に合わせて2~5年に一度はメンテナンスを行うことをおすすめします。

このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社