お問い合わせの前にお読みください
menu
2018/07/23

防火シャッター各部名称と構造

甲種・乙種防火戸として、
建築基準法により設置が義務付けられている
場所に使用します。

重量シャッターと外側はほとんど変わりませんが
防火設備としての電装部品が搭載されていて
火災報知器等と連動します。
※画像は鈴木シャッターのものですが、各社同様です。
※名称のみ多少メーカーによって異なります。

防火各部名称

標準搭載されている安全装置
障害物検知装置(負荷感知)
急降下停止装置
危害防止装置
※「危害防止装置」は、2005年12月以降に着工した建物には
建築基準法で設置が義務付けられていますが、
それ以前のシャッターにはついておりません。
安全性確保のために、後付けで設置していただくことをおすすめします。

このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社