お問い合わせの前にお読みください
menu
2018/08/07

張りケースと本ケースについて

シャッターのケースには
張りケースと本ケースの2種類があります。
手動シャッター・軽量電動シャッターは張りケース
重量シャッターは本ケースとなっています。
これはどこのメーカーでも共通です。

張りケース

一番ポピュラーなケースです。
ケース下地(C型鋼)にケース板を張って取付します。
腐食・破損しても
一部のみを交換することができます。

張りケースと本ケース

ケース板を張る前の
ケース下地の状態です。




張りケースと本ケース

ケース板です。
長辺は定尺で、短辺は取り付けるシャッターにより
変動します。
こちらを張り合わせていきます。




張りケースと本ケース

こんな感じで順番に張っていきます。




本ケース

工場にて既に組みあがった状態で出荷され
現場に届くときにはもう箱の形になっているケースです。
重量シャッターでのみ採用されています。

手動・軽量電動シャッターのケースと比べると
とても大きく、モーターが入っている側のみ
出っ張っているのが特徴です。
(まれに両端共出っ張りがある場合もあります)

腐食・破損しても一部のみの交換ができず
ケース全部まるごと交換となってしまいます。

本ケース外側

本ケース外側




本ケース内側




大きさ・現場状況を考慮して

防犯のため重量シャッターとドアをつけました

チェーンブロックを使う
(写真がスラットですがこの時、本ケースも
チェーンブロックで吊りました)

重量シャッターの本ケース交換

フォークリフトで持ち上げる

重量シャッターの本ケース交換

フォークリフトで高所作業車に乗せ、持ち上げる

クレーンで吊る

等して取り付けします。

このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社