お問い合わせの前にお読みください
menu
2019/03/12

巻きだるみと逆巻

「巻きだるみ」とは

これ以上下がらない状態であるのにシャッターが下に下にと下がろうとした結果、スラットがシャッターボックスの中で膨らんでしまう現象。
原因:下限リミットが狂っている。物を挟んでしまう。障害物検知装置の不良。
二次災害:エマーゼンスイッチの破損

参考記事:重量シャッターで物を挟んでしまった
参考記事:シャッターが急に動かなくなってしまった2
参考記事:傷んだスラットと吊元を交換しました

参考写真
横から見た図

「逆巻」とは

シャッターがこれ以上下がらない状態なのに下げる力をかけ続けた結果、スラットが本来の巻きとられる方向とは逆の方向に巻き取られてしまう現象です。
原因:下限リミットが狂っている。物を挟んでしまう。障害物検知装置の不良。
二次災害:吊元の変形・破損

巻きだるみと逆巻になるまで
巻きだるみと逆巻

参考写真逆巻の例
このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社