お問い合わせの前にお読みください
menu
2018/08/07

内付と外付

屋外から屋内へ通じる間口でシャッターボックスを
屋内側に取り付けることを内付
屋外側に取り付けることを外付
といいます。

内付内付
外付外付

オーバードアは構造上すべて内付となりますので
内付・外付の区別がありません。

オーバードアはすべて内付


屋外→屋内以外のシャッターは…?

ここまでは屋外から屋内へ通じる間口のシャッターについて説明しましたが
屋内から屋内の間口や屋外から屋外の間口にシャッターがついている場合があります。
(件数的にはあまりありませんが…)

室内の間仕切りとして

屋内の間仕切りとして使用している場合や

室内の間仕切りとして2


重量取付

道路と敷地を仕切るゲートとして使用している

またはカーポートやガレージについていて
どっちも屋外という場合です。

そのような場合にはスラットの表面と
シャッターの巻き取られ方を見て判断します。
(裏面でもいいのですが、ここではわかりやすく表面とします)

スラットカーテンには様々な種類(形状)がありますが
すべてに必ず表と裏があります。

例えば軽量シャッターのスラット形状を見てみましょう。
これはスラットを横から見た図です。

スラットの裏表

三和でも文化でも必ずかまぼこのような形になっているのが
お分かりいただけるかと思います。

この出っ張っているほうが表面、へこんでいるほうが裏面となります。
これは手動シャッター・軽量電動シャッター・重量シャッターにおいて共通です。

この表面が外側になるように巻き取られていくのが内付
表面が内側になるように巻き取られていくのが外付
となります。

おわりに

内付・外付というのは
シャッター業者にとっては
修理・新規取付の時に必要な情報です。

ただ、修理・新規取付費用も内付だから高いとか
外付だから安いというのはありませんので
お客様にとってはあまり重要な情報ではないかもしれません。

このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社