お問い合わせの前にお読みください
menu
2017/09/01

電動シャッターを手動で操作する方法を教えてほしい。

大体のシャッターには手動切替装置がついていて、チェーンや手で上げ下げすることが可能です。
メーカーや製品によって操作手順が違いますので、お使いのシャッターのメーカーと製品名をご確認ください。
もしわからない場合でも、当社で修理・施工したシャッターであれば、当社の記録でわかる場合があります。
また、当社で修理・施工したシャッターでなくても、電話にてご対応させていただきます。
お客様での手動切替が難しいようでしたら、施工士が作業にお伺いすることも可能です。(有料)

■三和シャッター
サンオート シャッターボックス側面にシリンダー錠がついているもの
シリンダー錠を開けて、切るを引っ張ると、手で開け閉めできるようになります。
電動にするときはもう一回引っ張ってください。
参照PDF:sunauto-new

サンオート 古いもの
点検口があるもの
点検口があればあけて、うちまぐさのところにリングがついたワイヤーがあるので、それを引っ張ると手で開け閉めできるようになります。
電動にするときはもう一回引っ張ってください。
点検口がないもの
点検口がないものは、写真のようにシャッターボックスのケースを外さないとできないものもあります。

手動切替の際は下の写真のように引っ張ってください。

ブロード
以下のpdfファイルをご参考ください。
broad-new

■文化シャッター
軽量電動シャッターについては以下のpdfファイルをご参考ください。
文化手動切替

■他メーカーまたは上記以外の製品
電話にてご対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社