法人様向けシャッター施工 店舗・倉庫用シャッター施工 個人向けシャッター施工 シャッター修理 シャッターお役立ち情報 会社概要・工事履歴
 
埼玉県知事許可(般-24)第49717号
建築工事業・建具工事業
トステム「クワトロ」責任施工認定店
「ソムフィキット」施工販売認定店
防火シャッター・ドア保守点検専門技術員
シャッター工事の裏側

北風に注意!

北風に注意!
北風で「シャッターが飛ばされた」という被害が毎年あります。お使いのシャッターを今一度点検して、被害を予防しまし
ょう。

■中柱の受け皿は腐っていませんか?
■ゴミは詰まっていませんか?
■左右のレールは痛んでいませんか?特に下部は腐りやすいです。

レールや柱でしっかりを固定しないと、風に煽られたシャッターが外れてしまいます。これらの部材は交換可能ですので、
ご相談下さい。
風の強い日はシャッターを閉めてカギを掛け、しっかり固定するのがよいのですが、開けておかなければならない場合は
全開にしましょう。寒いからと中途半端に少し開ける、という状態が一番危険です。