お問い合わせの前にお読みください
menu

よくあるご質問

当社によく寄せられるご相談内容を製品・カテゴリー別にご紹介します。
下のアイコンをクリックしてください。

今ついているシャッターがどのようなものかわからないという場合は下記をご覧ください。

あなたのシャッターはどんなシャッター?

窓シャッターに関するご質問

スラットを引き出して、欠けてしまった樹脂を交換することができます。
お気軽にお問い合わせください。
可能です。お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。施工例はこちら。 ※既存のシャッターの型式や状況によって対応できない場合もあります。

手動シャッターに関するご質問

巻取りシャフトを交換することで手動シャッターを電動化できます。
お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。施工例はこちら。
鍵番号がわかれば、今お使いのものと同じ鍵を作る事が可能です。
しかし防犯上の問題もありますので、内外錠ごと交換することをお勧めします。
お見積は無料ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。施工例はこちら。
ホームセンターの鍵屋さんなどでシャッターの鍵を作るのはおやめ下さい。
シリンダー錠の故障の原因となります。必ずメーカーか施工業者にご依頼ください。
間口の間に柱が入るタイプでは中柱がきちんとささっていないとそのようなことがおこります。 元に戻して、破損部分の交換が必要です。当日の応急対応もお請け致しますので、お問い合わせください。 (応急対応は有料です。)
シャッターボックスの中にバネが入っているのですが、バネが弱くなっているとそのような症状がでます。 バネが巻ける場合は「バネ巻き調整」にて バネが巻けない場合は「バネ交換」にて対応させて頂きますが、 その判断は実際に現場を拝見しないと判断できませんので、お問い合わせ下さい。 施工例はこちら。
傷んでしまった部分のみの交換が可能です。お見積は無料ですのでお問い合わせ下さい。 施工例はこちら。
破損部分のみの交換が可能です。お見積は無料ですのでお問い合わせ下さい。 施工例はこちら
手動シャッターが動かなくなる原因はカギがきちんと戻らず引っかかっていることがほとんどです。
シャッターの鍵穴にキーを指して「閉める」のほうに回して下さい。
大体の場合はこれで解消されます。
それでも解消されない場合は、当社までお問い合わせください。
この場合はカギが開ききれず、中途半端な状態で開閉したためサイドのレールにひっかかっていることが殆どです。 シャッターカーテンとケースの間の空間から細い棒状のもの(開閉用のフック棒等)を挿入して、カギをきちんと戻して下さい。たいてい直ります。

電動シャッターに関するご質問

破損部分のみの交換が可能です。
お見積は無料ですのでお問い合わせ下さい。施工例はこちら
また戸締まりできるようにしてほしいというお客様は、当日の応急対応も承っております。 (工事が混んでいる場合などは当日にお請けできない場合もあります。また、応急対応は有料です。)
リモコンの電池が切れていませんか?電池を交換しても、症状が改善されないようでしたらリモコン本体の故障か受信機側の故障の可能性があります。
お使いのシャッターメーカーによって対応が異なります。
■三和シャッターの場合
お手元のリモコンの型式とコード番号(IDコード)をお知らせください。 すぐに使える状態に設定した状態で、工場からお客様に直接郵送します。
■文化シャッターの場合
下記URLより、お手元のリモコンの種類をご確認ください。お問い合わせの際に必要です。
http://www.bunka-s.co.jp/support/remote-control/
施工士による現場登録が必要ですので、当社に商品入荷後工事日をご連絡致します。
■その他のメーカーの場合
お問い合わせください。
元に戻して、破損部分があれば交換が必要です。当日の応急対応もお請け致しますので、お問い合わせください。
(工事が混んでいる場合などは当日にお請けできない場合もあります。また、応急対応は有料です。)
キーキーという金属が擦れるような音は、スラットがズレているために起こる音です。
「スラット左右ずれ修整」にて対応致します。こちらの作業は当日対応が可能です。お気軽にお問い合わせください。
障害物検知装置の送信機の電池が切れている可能性があります。
使用されている電池はお使いのシャッターにより異なります。
古いシャッターですと、単3か単4電池、新しいものですと、リチウムイオン電池が使われています。
交換前にどんな電池が使われているかご確認下さい。
下記の方法で電池を交換・リセットして下さい。
送信機の電池交換方法
(1)電池蓋の固定ネジをコインやドライバーなどで回し、古い電池を取り外してください。

(2)次に新しい電池を「+-」の向きに注意し正しくセットしてください。
また、送信面の汚れも拭き取ってください。
電池交換後のリセット方法
(1)電池交換後、シャッターが完全に地面に着くまでシャッターを閉め切ってください。
(2)シャッターを開閉し、全閉時正常に停止し、症状が改善していることを確認してください。
大体のシャッターには手動切替装置がついていて、チェーンや手で上げ下げすることが可能です。
メーカーや製品によって操作手順が違いますので、お使いのシャッターのメーカーと製品名をご確認ください。
もしわからない場合でも、当社で修理・施工したシャッターであれば、当社の記録でわかる場合があります。
また、当社で修理・施工したシャッターでなくても、電話にてご対応させていただきます。
お客様での手動切替が難しいようでしたら、施工士が作業にお伺いすることも可能です。(有料)

■三和シャッター
サンオート シャッターボックス側面にシリンダー錠がついているもの
シリンダー錠を開けて、切るを引っ張ると、手で開け閉めできるようになります。
電動にするときはもう一回引っ張ってください。
参照PDF:sunauto-new
サンオート 古いもの
点検口があるもの
点検口があればあけて、うちまぐさのところにリングがついたワイヤーがあるので、それを引っ張ると手で開け閉めできるようになります。
電動にするときはもう一回引っ張ってください。
点検口がないもの
点検口がないものは、写真のようにシャッターボックスのケースを外さないとできないものもあります。

手動切替の際は下の写真のように引っ張ってください。
ブロード
以下のpdfファイルをご参考ください。
broad-new ■文化シャッター
軽量電動シャッターについては以下のpdfファイルをご参考ください。
文化手動切替 ■他メーカーまたは上記以外の製品
電話にてご対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。
すぐに停止させてから、挟んだものを取り出せる高さまでシャッターを上げて、ものを取り除いて下さい。
その後、一番下まで下げて下さい。
シャッターで物を挟むとスラットが左右にずれてしまうのですが、上記作業でそれを最小限に抑えられます。
「開閉中にキーキー金属がすれる音がする」「開閉しなくなってしまった」等症状がありましたら一度当社にお問い合わせ頂く事をお勧めします。
足元の高さに光電センサが設置されている場合は、障害物等を感知している可能性があります。
・レール廻りなどに、障害物がないか確認してください。
障害物があれば取り除いてください。
・光電センサのレンズ面に、ホコリや水滴が付着していないか確認してください。
レンズ面を固く絞った布で拭き取ってください。
シャッターの緊急修理で多いのがものを挟んでしまったという症例です。
挟んだ瞬間は大きな音もして驚いてしまいますね。
そこで慌てて「上昇」ボタンを押すと、スラットが傾いたままBox内に巻き取られ、緊急停止するか、ひどい場合は止まらずにBox内に巻き取られ、絡まってしまいます。
こうなるとボタンを押しても降りないだけでなく、スラットが痛んで交換が必要になったりします。
挟んでしまった場合は、
1. まず「停止」ボタンでシャッターを停止させ
2. 障害物を取り除いたあと
3. 「下降」ボタンでシャッターを土間まで降ろします
これにより、傾いたシャッターが水平に戻ります。
軽度の場合はそのままお使いになれますが、
■異音がする
■傾きが直らない
など以前と違う症状がでている場合は修整が必要ですのでご連絡下さい。
尚、ものを挟んだ瞬間にシャッターが緊急停止する障害物検知装置を後付することもできます。
(比較的新しいシャッターには標準装備されています)

オーバードアに関するご質問

破損部分のみの交換が可能です。
お見積は無料ですのでお問い合わせ下さい。施工例はこちら
また戸締まりできるようにしてほしいというお客様は、当日の応急対応も承っております。
(工事が混んでいる場合などは当日にお請けできない場合もあります。また、応急対応は有料です。)

防火シャッターに関するご質問

シートシャッターに関するご質問

元に戻して、破損部分の交換が必要です。当日の応急対応もお請け致しますので、お問い合わせください。
(工事が混んでいる場合などは当日にお請けできない場合もあります。また、応急対応は有料です。)
シートの状態によって、シートの一部のみをツギハギのようなかたちで直す「シート補修」か シート全部を交換する「シート交換」にて対応させて頂きますが その判断は実際に現場を拝見しないと判断できません。
お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。施工例はこちら

保守・点検に関するご質問

北風で「シャッターが飛ばされた」という被害が毎年あります。お使いのシャッターを今一度点検して、被害を予防しましょう。

■中柱の受け皿は腐っていませんか?
■ゴミは詰まっていませんか?
■左右のレールは痛んでいませんか?特に下部は腐りやすいです。
レールや柱でしっかりを固定しないと、風に煽られたシャッターが外れてしまいます。これらの部材は交換可能ですので、ご相談下さい。
風の強い日はシャッターを閉めてカギを掛け、しっかり固定するのがよいのですが、開けておかなければならない場合は全開にしましょう。寒いからと中途半端に少し開ける、という状態が一番危険です。
このページの一番上に戻る
オバタシャッター商会株式会社