法人様向けシャッター施工 店舗・倉庫用シャッター施工 個人向けシャッター施工 シャッター修理 シャッターお役立ち情報 会社概要・工事履歴
 

防犯及び風雨対策のためシャッターとドアをつけました。

P1000433_4925-1.jpg

工場構内にある機材整備場、高さ4m40cm,幅9mもある大きな開口がある作業場です。
工場内とはいえ、高価な道具がたくさんあるので、防犯のため
重量電動シャッターとスチールドアを取り付けることになりました。

P1010208_5804-1.jpg

まずはシャッターとドアを取付ける為の鉄骨下地を組みます。
大きな開口で重量シャターの重みと風圧に耐えるように、縦の柱には
□200×200、厚み6ミリのコラムを使用しました。

P1010211_5799-1.jpg

ブラケットとシャフトをつけたところで、
シャッター本体をチェーンブロックを使用して吊り込みます。

P1010212_5800-1.jpg

下部のスラットカーテンは、横から差し込みます。

P1010213_5801-1.jpg

モーターを取り付けます。
左側の約1mのスペースに人が通るスチールドアを取り付け、
上部はスチール板で塞ぎます。

P1010217_5798-1.jpg

本体工事はは完成です。
サイドにスチールドアを取付けた事で、風の強い日など
大きなシャッターを開閉しなくても人の出入りができます。

P1010220_5793-1.jpg

ここからは塗装に入ります。
重量シャッターは亜鉛メッキ加工がされているため、
そのまま塗装をしてしまうと、ある程度の年数が経ったところで
パリパリと塗装が剥がれてきてしまいます。
そうならないように、圧着性をよくする塗料を下塗りします。

P1010222_5795-1.jpg

内部側も同様に下塗りします。

P1010224_5787-1.jpg

お客様のご希望がグレーでしたので、
全体をグレーに塗装して完成です。

P1010225_5788-1.jpg

家の敷地内に車をとめておいても車を盗まれる時代。
作業場、倉庫の道具や材料が盗まれないか心配という方...
雨風や砂ごみが入り込んで、中の道具が汚れないか心配という方...


当社までお気軽にご相談ください。