法人様向けシャッター施工 店舗・倉庫用シャッター施工 個人向けシャッター施工 シャッター修理 シャッターお役立ち情報 会社概要・工事履歴
 

法人メンテナンス

シャッター(特に電動シャッター)は、毎日動かすものです。
年数とともに部材が摩耗、劣化するため、定期的なメインテナンスが望まれます。
自動車に車検があるように、シャッターも定期的に点検し、経年劣化する部品交換やグリスアップ・調整をすることで、
安全・快適にお使い頂けます。
手動シャッターの開閉が重くなった、電動シャッターがキーキー音がするといった症状がでたらメンテナンスの時期です。

定期点検で見つかった症例

モーターのギアオイル漏れ
近いうちに不作動になる可能性が
あります。

インターロッキング部分の変形
スラットが左右にずれて
キーキー音の原因になります。

バネの軸が磨耗して亀裂が入っている
シャフトが外れて落下の恐れがあります

吊り元が変形しています
吊り元が外れてスラットが落下する
危険があります。

スラットが左右にずれています
シャッター作動時にスラットがロード
チェーンにひっかかり大変危険です。

スラットがすれた後です
悪化するとブラケットが擦り切れて
シャッターが落下する危険があります

点検項目

標準点検項目はこちら

その場でできる軽微な作業は基本料金に含まれます。

スラット左右ずれ修整

座版曲がり板金修整

ガイドレール溝幅修整

オーバースライダーも承ります。

ガイドレールジョイント部ずれ修整

バネ部分シャッターオイル注油

丁番部シャッターオイル注油

まずはご連絡くださいお問い合わせ・お見積

スラットカーテンのずれを修整しました

電動シャッターは開閉の度に、ほんの少しづつですがスラットカーテンが左右にずれてしまいます。 これが年数とともに大きなずれとなって、ガイドレールや左右側面のブラケットに擦れ、大きな音が出てしまいます。 これを放置したままにすると、最悪の場合側面ブラケットが擦り切れ、シャッターが落下する重大事故が生じる可能性もあります。
初期であれば左右ずれの修整と注油作業で直りますが、ひどくなるとスラットカーテンを交換しなければならない場合もありますので、 お早めにご連絡下さい。

スラットがずれて側面に当たっています

開閉の度に擦れて大きな音がでます

修正作業後、側面に当たる箇所はなくなり
大きな音は解消しました。

ブラケットが擦り切れた状態です

埼玉県K市クリーンセンター重量シャッターメンテナンス

埼玉県K市クリーンセンター、重量シャッター

及びオーバースライダーのメンテナンスを行いました。

建物5棟、重量シャッター16台、

オーバースライダー3台の保守・点検です。

メーカーは三和シャッター・文化シャッター混在しています。

先日開閉機が1台作動不能になったこともあり、

全体のメンテナンスを行いました。

オーバースライダー定期点検

naguwasizenkei.JPG

消防署オーバースライダー6台の定期点検です。